福岡及び福岡近郊で相続や贈与、相続の手続きなら、福岡の相続サポートサイト.infoをご利用ください。

福岡の相続サポートサイト.info

  • 運営会社
  • お問合せ
  • サイトマップ
福岡及び福岡近郊で、相続について

福岡及び福岡近郊で、相続について

相続とは、人の死亡によって、被相続人(亡くなられた方)の財産上の法律関係(権利義務)をすべて、その人の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人といいます)が受け継ぐということです。
つまり、相続とは、被相続人(亡くなられた方)に属していた権利義務が、包括して相続人に承継されることをいいます。被相続人(亡くなられた方)から相続人に受け継がれる財産のことを、相続財産、または、遺産と呼び、引継ぐ相続財産には、土地、建物、現金、銀行の預貯金のみならず、知人へ貸付金や売掛金などの債権も相続の対象になります。

また、このようなプラスの相続財産だけではなく、借金や損害賠償債務、保証人といったマイナスの相続財産も相続されます。相続で忘れてはならないこと、被相続人(亡くなられた方)から相続するということは、プラスの財産もマイナスの財産も、すべて含まれるということなのです。

相続に関係する、贈与について

毎年、基礎控除額以下の贈与を受けた場合

例えば、親から毎年100万円ずつ10年間にわたって贈与を受ける場合には、各年の受贈額が110万円の基礎控除額以下ですので、贈与税がかからないことになります。各年の受贈額が110万円の基礎控除額以下である場合には、贈与税がかかりませんので申告は必要ありません。

但し、このようなケースでは、贈与税がかかります。例えば、10年間にわたって毎年100万円ずつ贈与を受けることが、贈与者との間で約束されている場合には、1年ごとに贈与を受けると考えるのではなく、約束をした年に、定期金に関する権利(10年間にわたり毎年100万円ずつの給付を受ける権利)の贈与を受けたものとして、贈与税がかかりますので申告が必要です。
尚、その贈与者からの贈与について相続時精算課税を選択している場合には、贈与税がかかるか否かにかかわらず申告が必要です。

贈与を受ける財産の取得の時期について

例えば、贈与による財産の取得の時期は、いつになるかと言うと、(1)~(4)のようになり、贈与による財産の取得の時期は、原則として、次の態様に応じた時期となります。

  1. 口頭による贈与の場合 贈与の履行があった時
  2. 書面による贈与の場合 贈与契約の効力が発生した時
  3. 停止条件付贈与の場合 その条件が成就した時
  4. 農地等の贈与の場合 農地法の規定による許可又は届出の効力が生じた時

但し、次のものは例外で、相続により承継しないものとなります。

  • 被相続人(亡くなられた方)の一身に専属したものは、相続で承継されません。例えば、扶養を請求する権利や文化功労者年金を受ける権利など、被相続人(亡くなられた方)の一身に専属していたものは、相続として承継されないものとされています。
  • 位牌、墳墓などの祭祀財産も、相続で承継されません。
    例えば、墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物、但し、骨とう的価値があるなど投資の対象となるものや商品として、所有しているものは相続税がかかります。
  • 生命保険金、死亡退職金、遺族年金など、契約や法律に基づいて支払われるものも相続で承継されません。

法定相続と遺言による相続

2種類の相続

相続にはおもに2種類のものがあります。「法定相続」と「遺言による相続」です。法定相続は相続できる人や財産の分け方を法律で規定したもので、相続人同士によるトラブルを防ぐ役目を果たします。また、民法では被相続人(亡くなった方)の意思を尊重することを第一に、遺言による相続を優先させています。遺言書があれば基本的に遺言書の内容通り相続が行われ、遺言書がない場合には法定相続によって相続が行われます。

相続は死亡によって開始

相続は当人の死亡以外で開始することはありません。相続が開始する時期はその人が死亡した瞬間です。昔の民法では生前相続が存在しましたが、現在ではそれがないということを表しています。財産は死亡した瞬間に生きている人に相続する権利が発生します。
例えば、父親が死亡する1秒でも前に子供が死亡したら、その子供には相続の権利がないことになります。父親と子供が同時に死亡した場合も同様で、あくまでその瞬間に生きている人に相続の権利があります。大規模な天災などによりどちらが先に死亡したのかはっきりしない場合は、民法によってふたりが同時に死亡したものと推定され、相続の権利がある人物を決定します。

ページの先頭へ

福岡及び福岡近郊で相続や贈与、相続の手続きなら福岡の相続サポートサイト.infoをご利用ください。